/

この記事は会員限定です

ブラジル産大豆 増産で安く 米産代替狙い作付け増

[有料会員限定]

大豆市場でブラジル産の取引価格に割安感が強まってきた。中国が米国産に関税を課して輸入を減らすなか、ブラジルの農家は代替需要を取り込もうと新穀の生産を増やし、作付けのペースを速めている。増産観測が強まるにつれ、中国の買いには一服感が出てきた。最大輸出国であるブラジルの増産と値下がりは、大豆の取引や相場に影響を及ぼしそうだ。

同国では輸出拠点のパラナグア港から積み出す際、穀物代金と別に国内輸送費や保管...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1260文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン