ブラジル産大豆 増産で安く 米産代替狙い作付け増

2018/12/20 11:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

大豆市場でブラジル産の取引価格に割安感が強まってきた。中国が米国産に関税を課して輸入を減らすなか、ブラジルの農家は代替需要を取り込もうと新穀の生産を増やし、作付けのペースを速めている。増産観測が強まるにつれ、中国の買いには一服感が出てきた。最大輸出国であるブラジルの増産と値下がりは、大豆の取引や相場に影響を及ぼしそうだ。

同国では輸出拠点のパラナグア港から積み出す際、穀物代金と別に国内輸送費や保…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]