/

バイク・オブ・ザ・イヤーに川崎重工「Z900RS」

「日本バイク・オブ・ザ・イヤー2018」に選ばれた川崎重工業の「Z900RS」

日本二輪車文化協会は19日、「日本バイク・オブ・ザ・イヤー2018」に川崎重工業の大型バイク「Z900RS」を選んだ。1973年に発売された「Z1」のデザインを引き継ぎながらも先進的な機能を持たせ、多くのファンに支持されたことが評価された。

「日本バイク・オブ・ザ・イヤー」は今年が初めての開催。一般ユーザーのインターネット投票で上位となったモデルをノミネートし、その中からファッションデザイナーや作曲家、大学教授などから構成される14人の選考委員が審査した。

ホンダのモンキー125、スーパーカブ、PCX125、CBR250RR、PCX150、スズキのVストローム、GSX-R1000R、川重のZ900RS、NinjaH2、BMWのR1200GS、ドゥカティのパニガーレV4Sの11モデルがノミネートされていた。

各部門ごとでは原付き部門に「モンキー125」、軽二輪部門に「Vストローム」、小型二輪部門にZ900RS、外国車部門に「パニガーレV4S」を選んだ。

受賞した川崎重工業のモーターサイクル&エンジンカンパニーの萩尾清二氏は「走る喜び、操る楽しさを追求してきたことが受け入れられたと感じている。今後も世界の二輪車市場を活性化できるようなバイクを開発していきたい」と話した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン