/

燃料電池バス「SORA」、静岡市で試験走行

トヨタ自動車の燃料電池バス「SORA」が19日、静岡市内で試験走行を行った。走行中に二酸化炭素(CO2)を排出せず、環境性能に優れているうえ、災害時に電源として活用することも可能だ。2020年にも静岡県内の路線バスに導入する計画だ。

試験走行では川勝平太知事や県内路線バス事業者らが乗車。県庁周辺を走り、乗り心地などを確かめた。川勝知事は乗車後、「静かで快適だった。未来を告げるバスだ」と語った。

SORAはトヨタの東富士研究所(静岡県裾野市)などで開発を進めてきた。燃料となる水素の充填1回当たりの航続距離は200キロメートルで、最高速度は時速70キロメートル。水素と酸素を反応させて発電した電力で走行する。災害時には電源としても使える。

県は路線バス事業者らと燃料電池バスの導入の検討を進めている。SORAの価格は1台につき約1億円で、一般的なバスの4~5倍。県は20年に県内で1台、30年には20台を走らせる目標を掲げている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン