2019年1月21日(月)

重さの定義、130年ぶりに変更 物理法則にもとづき

科学&新技術
2018/12/20 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2019年、重さ(質量)の単位「キログラム」の定義がほぼ130年ぶりに変わる。キログラム原器と呼ぶ精密な分銅に頼らず、物理法則に基づく不変の値「プランク定数」で定められる。長さや質量、時間など普段何気なく使っている様々な単位は、測定技術の発展とともに見直しを重ねてきた。新たな定義はどのような内容なのだろうか。

単位はものの量を表す基準だ。親指と人さし指を広げて長さを測った「尺」、足の大きさに基づ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報