/

地銀の合併推進策を議論 政府協議会が初会合

政府は19日、地方銀行やバス事業者の統合基準見直しに向けた初の協議会を開き、統合審査の基準となる独占禁止法の見直し方法を議論した。独禁法を運用する公正取引委員会や専門家が意見を交わした。

人口減少などに伴って統合を検討する地銀やバス事業者は増えているが、独禁法に基づく統合審査に時間がかかる例が出ている。政府は統合審査で混乱が起きないよう、独禁法のあり方を検討する方針。今後も協議会で議論を重ね、基準見直しの方向性について来夏にまとめる政府の成長戦略に反映する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン