2019年2月24日(日)

大阪万博2025、新産業の芽に期待 訪日客増に弾み
整備費分担、課題は多く

2025年 万博
関西
2018/12/20 6:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2025年国際博覧会(万博)では、人工知能(AI)やあらゆるモノがネットにつながる「IoT」などの先端技術を使い、社会課題の解決に挑む。会場となる「夢洲(ゆめしま)」では未来社会を意識した様々な実験が行われる。

なかでもライフサイエンスは有力分野の一つだ。関西は京都大学iPS細胞研究所や神戸医療産業都市など医療関連の研究施設が集まり、製薬会社の本社も多い。こうした産業集積を生かした展示をする。例…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

技術交流、中小にもチャンス 吉川正晃さん[有料会員限定]

2018/12/20 5:59

革新生む多様性磨く好機 アレン・マイナーさん[有料会員限定]

2018/12/20 5:59

大阪万博2025 走り出す 「いのち輝く未来」描く[映像あり][有料会員限定]

2018/12/19 12:00
大阪メトロ中央線が延伸予定の夢咲トンネル(大阪市住之江区)

トンネルの先に光 塩漬け一変、開発の波[有料会員限定]

2018/12/18 6:00

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報