2月の電力・ガス全社値上げへ 7カ月連続、資源価格高騰続く

2018/12/19 17:19
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

電力・都市ガス大手は原燃料価格を料金に反映して調整する制度(燃調)に基づき、全社が2019年2月の料金を値上げする見通しだ。原油をはじめとした資源価格の高騰が続いていることが影響する。全社の値上げは7カ月連続となる。平均的な使用量の家庭では各社が前月比で30~70円台の値上げとなる。家計や企業の収益の重荷になりそうだ。

東京電力ホールディングス傘下の小売事業者、東京電力エナジーパートナーの料金は…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

電子版トップ



[PR]