/

3人目カナダ人拘束情報 中国は確認避ける

(更新)

【北京=永井央紀】カナダ紙ナショナル・ポスト(電子版)は19日、カナダ人が中国で新たに拘束されたと伝えた。事実であればカナダが1日に米国の要請に基づいて中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)幹部を逮捕して以降、カナダ人の拘束は3人目となる。中国外務省の華春瑩副報道局長は記者会見で「聞いてない」と述べ、確認を避けた。

同紙によるとカナダ外務省の報道官が拘束を認めたが、プライバシー保護を理由に詳細は明かさなかった。ファーウェイ問題に関係しているとの見方は示していないという。同紙は外交官や中国で活動する企業家ではないとの見方を示した。

中国外務省の華氏は、確認を求める記者の質問に「把握していない」と回答。10日に国家安全を害した容疑で拘束したマイケル・コブリグ、マイケル・スパバ両氏の拘束を改めて説明するにとどめた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン