/

この記事は会員限定です

現金もカードも使えない中国の「弊害」

(グローバルViews)

編集委員 村山宏

[有料会員限定]

現金お断り、カードお断り――。中国では支付宝(アリペイ)などスマートフォン決済が普及した結果、現金やクレジットカードによる支払いを拒否する店舗が続出している。スマホを持たない高齢者や農村部の住民、観光客など外国人の短期滞在者らが不便を強いられている。キャシュレス社会の到来は決済コストの削減など様々なメリットをもたらす一方、それを享受できる人々とできない人々の分断も生んでいる。

現金払いのレジ設置せざるを得ず

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1452文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

グローバルViews

いま大きく揺れ動く、世界経済。 自分か。自国か。世界か。このコラムでは、世界各地の記者が現地で起きる出来事を詳しく解説し、世界情勢の動向や見通しを追う。 今後を考えるために、世界の“いま”を読み解くコラム。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン