2019年6月25日(火)

20年卒採用「増やす」13.8% 売り手市場に拍車
リクルート4691社調査

就活
2018/12/19 13:12
保存
共有
印刷
その他

リクルートが19日発表した2020年の新卒採用の調査で、大学生・大学院生の採用が19年より「増える」と答えた企業は13.8%となった。9年連続で「増える」が「減る」(5.9%)を上回った。人手不足を受けて新卒採用では売り手市場の傾向が続いており、20年卒はさらに拍車がかかりそうだ。

■「小売り」最も多く21.1%

調査は全国の7179社を対象に10~11月に実施し、4691社から回答を得た。大学生・大学院生の採用見通しを業種別でみると、「増える」と回答した割合が最も多かったのは小売業(21.1%)だった。次いで飲食店・宿泊業(17.7%)、情報通信業(16.4%)など人手不足の目立つ業界で多かった。

20年卒(現在大学3年生)の採用が「増える」と回答した企業の割合は前年から2ポイント下がり、「減る」は0.8ポイント上がった。リクルートワークス研究所の古屋星斗研究員は「すでに去年の時点で水準が高いため、20年卒も高止まりの傾向にかわりはない。全体の求人倍率はさらに高まる」と見通しを示した。

企業規模別では5000人以上で「増える」が19.6%、2000人以上5000人未満で18.6%と大手企業ほど採用意欲が旺盛なようだ。ただ19年卒の5000人以上の企業の求人倍率は0.37倍と狭き門だった。古屋研究員は「大手の採用には数万人程度の規模にとどまるため、数%上がったとしても狭き門の状況はあまりかわらない」とみている。

■外国籍学生に期待も

「新卒の人材確保のために外国籍学生の採用比率を高める取り組みをしているか」を聞いたところ、既に取り組んでいる」と「今後取り組む予定である」の合計が24.3%と前年から3.4ポイント高まった。業種別では機械器具製造業(40.3%)、飲食店・宿泊業(37.7%)が多かった。

20年卒の高校生を対象とした新卒採用見通しは「増える」が10.7%と過去最高値で「減る(2.9%)を大きく上回った。古屋研究員は「大卒を採りきれないため、人材の選択肢を広げようと高校生や外国人の採用に動いている」と指摘する。

■半数が初任給引き上げに意欲

人手不足解消に向けて給与などの待遇面の見直しも進む。「新卒の人材確保のために初任給を引き上げているか」を聞いたところ、「既に取り組んでいる」と「今後取り組む予定である」の合計が49.9%と前年から7.4ポイント高まった。従業員の規模別では「300~999人」が60.1%と最も多く、「5000人以上」(54.0%)を上回った。景況が改善したものの人手不足に悩み、給与面での待遇改善を進める中堅・企業が多いようだ。

(小柳優太)

保存
共有
印刷
その他

女性就業者、3千万人に迫る 10月2991万人[有料会員限定]

2018/11/30 17:00
2017年にメルカリがインドで開いた「ハッカソン」の様子

新人争奪戦、世界が舞台に 大手・中小が横一線[有料会員限定]

2018/11/27 6:30

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報