/

この記事は会員限定です

AIの値決め支える職人技 料金パターン430種

[有料会員限定]

需給に応じて価格を変えるダイナミックプライシング(DP)。近年、チケットなど多様な分野で導入する例が増えている。人工知能(AI)の導入も進むが、それを支えるのは膨大なデータを蓄積、分析してきた現場の担当者だ。料金設定のさじ加減を決めてきた職人技とAIを上手に融合できれば価格の「最適解」がみえてくる。

イベント開催時、腕の見せ所

10月からDPの実証実験を始めた駐車場シェア最大手akippa(アキッパ、大阪市)は、これまでイベ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1468文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン