/

ベルギー首相が辞意表明

18日にベルギーのフィリップ国王に辞表を提出したミシェル首相(ブリュッセル)=ロイター

【ブリュッセル=森本学】ベルギーのミシェル首相は18日、辞意を表明した。野党が検討している不信任案決議を避けるのがねらい。ベルギーでは12月上旬にモロッコのマラケシュで国連主導で開催された「安全で秩序ある正規移住のためのグローバル・コンパクト採択政府間会議(国連移民協定)」への対応をめぐり、第1党の新フランダース同盟が8日に連立政権から脱退。政権が不安定になっていた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン