/

この記事は会員限定です

洋上風力が離陸 三井E&Sなど、富山沖で商用化設備

[有料会員限定]

日本で洋上風力発電が離陸期を迎える。三井E&Sホールディングス(HD)と北都銀行などを傘下に持つフィデアホールディングスは、国内で初めて商用化を前提とした洋上風力発電所を富山県入善町沖に建設する。洋上風力の開発を後押しする「海洋再生可能エネルギー発電利用促進法」が今月成立し、太陽光と並ぶ再生エネの本命とみられる洋上風力が動き出す。

三井E&Sが建設する洋上風力発電は2020年に着工し、21年1月から運転を始める。投資額は50億円。海域使用許可の申...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り855文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン