洋上風力が離陸 三井E&Sなど、富山沖で商用化設備

2018/12/19 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本で洋上風力発電が離陸期を迎える。三井E&Sホールディングス(HD)と北都銀行などを傘下に持つフィデアホールディングスは、国内で初めて商用化を前提とした洋上風力発電所を富山県入善町沖に建設する。洋上風力の開発を後押しする「海洋再生可能エネルギー発電利用促進法」が今月成立し、太陽光と並ぶ再生エネの本命とみられる洋上風力が動き出す。

三井E&Sが建設する洋上風力発電は2020年に着工し、21年1月…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]