/

トヨタと配車大手グラブ、提携拡大 1500台に車両整備・保険サービス

提携拡大を発表するトヨタの松田進氏(右)とグラブのラッセル・コーエン氏(18日、シンガポール)

【シンガポール=中野貴司】トヨタ自動車とシンガポールの配車サービス大手のグラブは提携を拡大する。トヨタがグラブの保有するトヨタ車1500台に車両整備や保険サービスを提供し、効率的に車両を管理できるようにする。

トヨタは6月にグラブに10億ドル(約1120億円)を出資し、その後取締役や執行役員も派遣した。グラブで使う車両の走行データを収集し、新たなサービスの開発に生かすのが提携の狙い。2017年8月からグラブの保有車両100台を対象に同様の取り組みを始めていたが、車両を増やして提携の効果を高める。

車両に搭載したデータ収集端末を通じて、適切な整備時期を把握し、自動車保険料の低減にもつなげる。18日にシンガポールで記者会見したトヨタのアジア販売統括会社の松田進社長は「配車サービスで使われる車両は通常の車両より5倍の走行距離があり、より頻繁に整備する必要がある」と、効率的な車両整備の重要性を強調した。

韓国の現代自動車も11月に、グループの起亜自動車とグラブに2億5千万ドルを出資すると発表している。グラブの東南アジア事業を統括するラッセル・コーエン氏は18日、複数の自動車会社との連携について「それぞれ異なる目的がある。今回発表した車両の整備サービスではトヨタが最もすぐれた解決策を持っている」と説明した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン