/

この記事は会員限定です

FullDepth、小型水中ドローンでインフラ管理・資源探査

(Biz ブックマーク)

[有料会員限定]

筑波大学発のスタートアップ、FullDepth(フルデプス、茨城県つくば市)は水中で稼働するドローンの開発・製造を手がける。重さ25キログラムで人手で水中に投下でき、従来の水中探査のような大がかりな設備や人員が不要だ。ダムや洋上風力発電などのインフラ管理や漁礁や定置網の点検、海底資源や深海生物の探査など幅広い用途での利用が期待できる。

伊藤昌平社長は子供のころに深海生物が好きで、筑波大3年の時に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り827文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン