マーケティング「乗客増への道」 公共交通、加藤氏に聞く

2018/12/18 19:45
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

路線バス事業者の有志や専門家が個人としてマーケティングの手法から公共交通の理想像を探る「公共交通マーケティング研究会」を今月立ち上げ、岡山市でスタートアップセミナーを開いた。公共交通再生への処方箋は何か、幹事代表の名古屋大大学院の加藤博和教授に展望を聞いた。

――会の狙いは。

「公共交通の状態がよくない理由として、オーナー企業や独占企業が多く事業者が前向きではない点が大きい。頑張っても補助金が減…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]