/

長野県、IoTの新事業創出へ組織始動

長野県は18日、あらゆるモノがネットにつながるIoTに関わる県内企業の新事業創出に向けた組織「IoTデバイス事業化・開発センター」の本格的な活動開始に合わせたシンポジウムを開いた。同センターは企業のIoT導入を戦略策定や資金調達などの面で支援する。2019年度以降、具体的な事業に取りかかる。

事業化開発センターのキックオフシンポジウムには県内企業関係者が多く集まった

ソニーなど出身で県工業技術総合センターのIoT事業化プロデューサーを務める相馬功氏が事業概要を説明した。19年度から企業の技術戦略の策定や商品企画、公的補助金の獲得方法などについて指南する。

シンポジウムでは、VAIO(安曇野市)や小松精機工作所(諏訪市)なども先端事業の説明をした。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン