2019年6月25日(火)

日本生命、仙台で商談会開催 東北の中小800社が参加

2018/12/18 22:00
保存
共有
印刷
その他

日本生命保険は18日、仙台市の仙台国際センターで東北企業を対象にした大型商談会を開いた。同社顧客の大手企業など約130団体がブースを出し、東北6県の中小企業ら約800社が来場して商談した。同社の清水博社長は「被災地の復興や地域経済の活性化のきっかけにしたい」と話した。

日本生命保険のイベントで商談する参加企業(18日、仙台国際センター)

商談会は地域経済の活性化を目的に全国で開いており、今回が5回目。東日本大震災の復興支援の意味合いも込めた。企業の参加費は無料。大手企業とのマッチングや来場した地場企業同士の交流を促す。事前の申し込みで設定した商談約400件のほか、当日のマッチングも実施。企業のほか県や大学もブースを出展していた。

にんにく生産などを手掛ける鬼丸農園(青森県弘前市)の担当者は5件以上の商談予定を入れたといい「短い時間だが今後につなげたい」と意気込みを語った。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報