自動車業界、反発強める「産業に重荷 雇用を危険に」

2018/12/18 21:13
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【フランクフルト=深尾幸生】厳しい削減目標に自動車業界は反発を強めている。欧州自動車工業会(ACEA)は17日、「技術や社会経済の現状を無視した政治の産物だ。深刻な懸念を抱いている」との声明を発表した。ドイツ自工会(VDA)のベルンハルト・マテス会長は「欧州の自動車産業に重荷を負わせ雇用を危険にさらす」と批判した。

欧州の非政府組織(NGO)「T&E」のディレクター、グレッグ・アーチャー氏は「目…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]