2019年2月17日(日)

くすぶる温暖化懐疑論、G20で問われる主導力
「エネルギー 日本の選択」パリ協定実施へ(中)

政策研究
経済
2018/12/19 12:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

第24回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP24)が「パリ協定」の実施指針を採択したことで、地球温暖化対策の枠組みが2020年から動き出す。一方、対策に必要な負担の重さに警戒が高まり、気候変動そのものへの懐疑論も浮上する。明確な世界の先導役が見当たらない中、2019年に20カ国・地域(G20)首脳会議の議長国を務める日本の役割が問われる。

COP24が開かれたポーランド南部のカトウィツェは炭…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報