歌舞伎の火 絶やさず400年 南座(もっと関西)
時の回廊

2018/12/19 11:30
保存
共有
印刷
その他

耐震改修工事を終え、2年9カ月ぶりに先月新開場した南座(京都市東山区)。京の冬の風物詩である顔見世興行を2カ月連続で開催し、連日多くの観客でにぎわっている。南座の立つ四条河原は、歌舞伎の祖である出雲の阿国が「かぶき踊り」を演じたとされる。南座は歌舞伎発祥の地で、400年にわたって歌舞伎を上演し続けてきた。

■度重なる火災

南座ができた正確な年代は実は分かっていない。元和年間(1615~24年)に四…

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]