/

この記事は会員限定です

サバ復活、AIで漁師の「勘」データ化 福井県立大

大学と地域

[有料会員限定]

かつて若狭(福井県)から京都まで海産物を運んだ「鯖(サバ)街道」。起点として栄えた福井県小浜市で、福井県立大学がサバ養殖の事業化を目指す「鯖、復活プロジェクト」の一翼を担う。冬場の荒れる日本海を舞台に海洋生物資源学部の教授陣を中心に人工知能(AI)を活用し、地元漁師などとともに新産業に育て観光の目玉にする取り組みが進む。

棚田や灯台岬に囲まれた小浜市田烏地区の釣姫(つるべ)漁港。海面に浮かぶ9基の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り983文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン