/

この記事は会員限定です

「中国対抗が明確に」 田中明彦・政策研究大学院大学学長

[有料会員限定]

田中明彦・政策研究大学院大学学長 全体として中国への対抗を極めて明確にした防衛大綱だ。宇宙、サイバー、電磁波を扱う電子戦で脅威を日本に与えるのは中国だ。島しょ防衛も南西諸島のみならず太平洋の防衛も打ち出し、護衛艦「いずも」型を改修して最新鋭ステルス戦闘機「F35B」を離着陸させるようにするのも正しい方向だ。

ただ対外的には中国を明確に「脅威」と位置づけておらず外交的な配慮がある。いずも改修も「専守...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り318文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン