2019年8月21日(水)

ボール任せ 風任せ

フォローする

米ツアーの日本開催 喜んでばかりはいられない
ゴルフジャーナリスト 地平達郎

2018/12/21 6:30
保存
共有
印刷
その他

プロゴルフ界がいま沸いている。2019年10月に千葉・習志野CCで、賞金総額約11億円のビッグトーナメントが行われることが明らかになったからだ。

米PGAツアーが日本で初めて開催する公認大会「ZOZOチャンピオンシップ」で、総額975万ドル(約11億円)、優勝賞金175万ドル(約2億円)は現在の日本の水準からすると、けた違いの大きさである。ストロークプレーでは日本オープンなど5試合の総額2億円が最高なので、たった1試合の優勝賞金が同額となる。

18年の国内賞金王・今平周吾の獲得賞金が1億3911万円だったから、この試合で日本選手が優勝したら「たった1試合で賞金王!」といった皮算用まで飛び出し、プロゴルファーは久しぶりの大きなお年玉に、うれしい新年を迎えられそうだ。

シーズン最終戦の日本シリーズでは、選手会長の石川がプレーオフまで進んだこともあり、テレビ視聴率は今季最高をマークした=共同

シーズン最終戦の日本シリーズでは、選手会長の石川がプレーオフまで進んだこともあり、テレビ視聴率は今季最高をマークした=共同

このところ低迷を続けている男子プロゴルフ界も、シーズン最終戦の日本シリーズでは、選手会長の石川遼がプレーオフにまで進んだことも手伝って、テレビ視聴率9.2%(ビデオリサーチ調べ)で今季最高をマーク。ギャラリー数も増加の気配がみえてきた。

さらに、19年の大会を起爆剤として人気回復につなげようと、共催する日本ゴルフツアー機構(JGTO、青木功会長)も、いつになく気合が入っている。

カギ握る出場日本選手の成績

しかし、正夢を期待するにはちょっと心もとない。出場予定の78人のうち、米ツアーから賞金ランク上位60人がやってくるのだから。残り18人のうち、現在確定している日本人選手枠は賞金ランク7位までに限られている。

さらに重要なのは、出場した日本選手がどんな成績を残せるかだ。

12月16日に発表された最新の世界ランキングによると、松山英樹の27位が日本選手の最上位で、小平智47位、今平55位、池田勇太89位となっている。仮にこれを19年の大会に当てはめると、米ツアー上位60位までの権利で出場できるのは松山、小平、今平の3人だけということになる。

芝の特徴など勝手知った日本のコースで開かれるにもかかわらず、外国人選手にまったく歯が立たず、下位に沈んでしまうようなことになったら、人気回復どころか、逆効果にもなりかねない。

今回とよく似たセンセーショナルなケースが1972年にあった。

賞金総額30万ドル、優勝賞金6万5000ドルの「太平洋クラブマスターズ」(三井住友VISA太平洋マスターズの前身)が千葉・総武CCで行われたのだ。30万ドルは、発表された当時の為替相場が320~330円だったことから「1億円トーナメント」と大変な話題になった。

いまでこそ、国内でも1億円はザラにあるが、46年前は破格の総額だった。同じ72年のマスターズ・トーナメントはジャック・ニクラウスが4度目の優勝を飾っているが、優勝賞金は2万5000ドル。総額も20万4000ドルだったから、6万5000ドルと30万ドルという金額がいかに並外れたものだったかがわかるだろう。

大会にはその年の全英オープン選手権で優勝したリー・トレビノ、前の年にマスターズを制したチャールズ・クーディー、翌73年の全米オープン選手権で優勝するジョニー・ミラーらが大挙して参戦。67年のマスターズ覇者、ゲイ・ブリューワーが優勝して大金をゲットした。

男子ゴルフ復活のきっかけに

とくると、やはり日本選手はダメだったのかとなるのだが、73年に26歳の尾崎将司が快挙を達成する。バート・ヤンシーとのプレーオフを制して優勝を飾ったのである。

これが日本の男子プロゴルフの人気に火をつけた。尾崎はこの年5勝を挙げて賞金王の座に着く。青木も6勝をマークして、「AO」2人の戦いがスタートし、新規トーナメントが続出。さらに中嶋常幸も割って入り、トーナメント会場にはギャラリーが押し寄せ、テレビ視聴率も10%超えが普通になる。空前のゴルフブームが到来し、80~90年代の「黄金時代」につながっていった。

19年の「ZOZOチャンピオンシップ」を男子ゴルフ復活のきっかけにできるか――。空夢に終わらないことを期待したい。

ボール任せ 風任せをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

ゴルフコラム

スコアアップヘ

電子版トップスポーツトップ

ボール任せ 風任せ 一覧

フォローする
共同

 ちょうど1年後の8月1日・土曜日は、東京五輪前半の週末にあたり、日本中が熱く沸き返っていることだろう。
 ゴルフ競技は男子の3日目が行われているはずで、はたしてどんな展開になっているだろう。日本は誰が …続き (8/1)

ペブルビーチ・リンクスを舞台にした1972年の全米オープンで優勝を決め、トレビノ(右)と共に18番グリーンを後にする二クラウス=APAP

 ゲーリー・ウッドランド(35、米国)のメジャー初優勝で幕を閉じた男子ゴルフの第119回全米オープン。舞台となったペブルビーチ・リンクスは、パブリックながら全米オープン開催は今回が6回目という、世界で …続き (6/20)

5本ならバッグもすっきり

 ハーフセットのクラブでゴルフを始められた人が多いのではないだろうか。
 ゴルフ規則で使えるクラブは14本までとされており、初心者はその半分の7本で十分――ということなのだろう。
 40年ほど前、ウッドは …続き (5/9)

ハイライト・スポーツ

会員権相場情報

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。