/

この記事は会員限定です

「1.5度」と「脱石炭」問題 COP24で浮き彫りに

[有料会員限定]

ポーランドのカトウィツェで開いた第24回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP24)は、2020年からの温暖化対策の国際枠組みを定めた「パリ協定」で、先進国から途上国まですべての参加国を対象にした共通ルールの策定にひとまず成功した。もちろん、その中身は重要だが、会場の内外で盛り上がりを見せた「1.5度目標」と「石炭火力発電」をめぐる議論の重要性からも目をそらすことはできない。

パリ協定には今世紀...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2458文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン