欧州の「電池のエアバス」構想 2つの壁 (グローバルViews)
フランクフルト支局 深尾幸生

グローバルViews
2018/12/20 5:50
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

欧州連合(EU)やドイツ政府が欧州企業による電池産業の育成を急いでいる。今後急拡大が見込まれる電気自動車(EV)などのカギとなる電池をアジア企業に握られるのはリスクとの考えからだ。米ボーイングに対抗するため生まれたエアバスを念頭に「電池版エアバス」を目指すが実現は簡単ではない。

「2030年までに世界の電池セルの30%は欧州で生産されているべきだ」。11月13日、ベルリンで開かれたEV関連イベン…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]