米、好調経済に警戒論 19年に4つのリスク

2018/12/17 21:51
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ワシントン=河浪武史】トランプ政権の大型減税で3%を超す高水準の成長が続く米経済の先行きに警戒論が強まってきた。利上げや貿易戦争が住宅市場を下押しし、ドル高で輸出不振も目立つ。追加関税前の駆け込み需要もはげ落ち、2019年後半に景気が急減速するとの予測もある。18日から米連邦公開市場委員会(FOMC)を開く米連邦準備理事会(FRB)は景気の軟着陸に腐心しそうだ。

鉄鋼大手、USスチールと労働組…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]