FDK、IoT用全固体電池を開発

2018/12/17 21:46
保存
共有
印刷
その他

電子部品のFDKは17日、液体の電解質を使わない小型で安全な「全固体電池」を開発したと発表した。あらゆるモノがネットにつながるIoT機器や、体に装着するウエアラブル端末に組み込んで使う。まずは家電分野で用途を開拓する。

FDKが開発したチップ型の全固体電池

充放電できる2次電池で、電池交換が不要になる。高温や真空の環境下など、これまで利用が難しかった現場でも利用できそうだ。

FDKが開発した全固体電池は材料に可燃物を使わず、硫黄を含まないので安全性が高い。小さいので電子部品のように扱うことができ、機器の小型化にも役立つ。長辺が4ミリメートルと指先にのる大きさだ。セ氏マイナス20度~105度と幅広い範囲の温度で使える。

FDKは富士通研究所と共同で、全固体電池の開発を進めてきた。20日からサンプル出荷を始める。価格は非公表。電池の容量を増やした製品も2019年4月にサンプル出荷する予定だ。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

  • 企業

電子版トップ



[PR]