2019年9月23日(月)

スマホ決済「ペイペイ」、不正利用相次ぐ

2018/12/17 21:22
保存
共有
印刷
その他

ヤフーとソフトバンクが出資するスマートフォン(スマホ)決済会社のPayPay(ペイペイ、東京・千代田)は17日、スマホの決済サービスで、不正な利用があったことを明らかにした。同社はセキュリティー対策を強化し、被害の拡大を防ぐとしている。

【関連記事】スマホ決済、競争過熱 普及には使い勝手が課題

ペイペイを利用したことのない人に請求が届くなど、現時点で被害は数十件に上るとみられる(ペイペイのホームページ)

ペイペイを利用したことのない人に請求が届くなど、現時点で被害は数十件に上るとみられる(ペイペイのホームページ)

ペイペイは12月4日から12月13日まで総額100億円を還元する大規模なキャンペーンを実施。支払った額の2割を還元する内容だが、キャンペーン時にクレジットカード情報を不正に取得し、利用されたとみられる。

ペイペイを利用したことのない人に請求が届くなど、現時点で被害は数十件に上るとみられる。カード情報の登録時に、数字3桁のセキュリティーコードなどを複数回間違えても、ロックがかからない仕組みになっていたことから、ペイペイは改善するという。

ペイペイは「ヤフーやソフトバンクのサービスからカード情報が流出した事例は無い」としている。サイバー犯罪者が情報交換する「ダークウェブ(闇サイト)」上に流出したカードの情報が不正に使われた可能性があるという。

ペイペイは身に覚えのない請求が来た場合、カード会社などに確認するよう呼びかけている。

【関連記事】
スマホ決済「ペイペイ」狂想曲 100億円還元で顧客殺到
盗んだカード情報で不正トラベル ネット詐欺被害急増
ネットの闇市場、追跡不可能 違法薬物など匿名で売買
保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。