/

カネボウ白斑めぐり調停成立 女性39人、東京地裁

カネボウ化粧品(東京)の美白化粧品を使い、肌がまだらに白くなる白斑症状が出たとして、東京都などに住む20~80代の女性39人が同社に損害賠償を求めた訴訟は17日、東京地裁(門田友昌裁判長)で調停が成立した。原告に解決金が支払われたが、額は公表されていない。

原告側弁護団によると、調停条項には「肌に直接触れる製品を届けるメーカーとしての責任を重く受け止め、再発防止に努める」とするカネボウの謝罪が盛り込まれた。

39人は2015年4月以降に順次提訴。美白効果があるとする成分「ロドデノール」を配合した化粧品を使い、症状が出た。

カネボウは「多大なご迷惑をお掛けしたことを心よりおわびし、引き続き発症された皆さまへの回復支援と補償対応を誠心誠意行っていく」とのコメントを出した。

カネボウによると、11月30日現在、白斑が確認されたのは1万9千人で、うち和解や調停などが成立したのは1万8236人。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン