2019年1月21日(月)

武田が捨てた薬、出身者がスタートアップで再挑戦

日経産業新聞
コラム(ビジネス)
スタートアップ
ヘルスケア
2018/12/18 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

武田薬品工業発のスタートアップ、アーサムセラピューティクス(横浜市)が医薬品の開発事業に本格的に乗り出した。武田から権利を譲り受けた化合物を活用し、国内で初期(フェーズ1)臨床試験を始める。化合物の作用メカニズムを解析して最適な疾患を設定することで、効率的な創薬を目指す。

アーサムが取り組むのは、化合物を当初の想定とは異なる疾患に用いる「ドラッグリポジショニング」と呼ばれる手法だ。薬効や安全性の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報