/

この記事は会員限定です

武田が捨てた薬、出身者がスタートアップで再挑戦

[有料会員限定]
NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

武田薬品工業発のスタートアップ、アーサムセラピューティクス(横浜市)が医薬品の開発事業に本格的に乗り出した。武田から権利を譲り受けた化合物を活用し、国内で初期(フェーズ1)臨床試験を始める。化合物の作用メカニズムを解析して最適な疾患を設定することで、効率的な創薬を目指す。

アーサムが取り組むのは、化合物を当初の想定とは異なる疾患に用いる「ドラッグリポジショニング」と呼ばれる手法だ。薬効や安全性の評価が済んだも...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1651文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経産業新聞をPC・スマホで!初回1カ月無料体験実施中

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。初めての方は1カ月無料体験を実施中です。

日経産業新聞をPC・スマホで!初回1カ月無料体験実施中

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。初めての方は1カ月無料体験を実施中です。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン