2019年4月24日(水)

中野区、電柱広告に公共情報 東電系と協定

2018/12/17 21:30
保存
共有
印刷
その他

東京都中野区は区内の電柱広告を活用し、防災関係をはじめとする公共情報を発信する。電柱広告のスペースの約3割を、大規模災害時の避難場所の表示や環境美化の呼びかけなどに使う。

このほど、電柱広告を手がける東電タウンプランニング(東京・目黒)と協定を結んだ。費用は区ではなく、電柱広告の広告主が負担する。広告主の企業にとっては地域貢献の姿勢を示せるメリットがある。

中野区内には広告を掲載している電柱が約3000本あるという。

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報