/

神奈川県、石灰石原料の事務用品導入

神奈川県はプラスチックや紙の代替品として、県庁内の資料や事務用品に石灰石を使った製品を導入する。17日、同製品を製造するスタートアップ企業、TBM(東京・中央)と連携すると発表した。プラスチックゴミの削減などにつなげる。

導入するのは「LIMEX(ライメックス)」と呼ぶ素材を使った製品。石灰石を使用するため、従来のプラスチック製品に比べ石油由来の樹脂の使用量を4割以下に抑えられるという。紙のような製品もつくれ、再利用も可能という。

黒岩祐治知事は同日の記者会見で「持続可能な開発目標(SDGs)の先駆けとなる商品だ」と強調した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン