受験生「一括救済」初の特例法活用 東京医大入試不正

2018/12/17 19:57
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

医学部入試の不正があった東京医科大に対し、受験料など相当額の返還義務の確認を求める訴訟が17日、東京地裁に起こされた。悪質商法などの被害者の代わりに消費者団体が提訴し、一括して被害回復を図れるようにした「消費者裁判手続き特例法」を利用した初の事例だ。公正な入試を受けられなかった受験生の救済につながるかどうか注目される。

提訴したのはNPO法人「消費者機構日本」(東京)。特例法の枠組みを利用できる…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]