2019年3月26日(火)

「水素インフラ」を公開 富山の協議会と伏木海陸運送

2018/12/17 19:16
保存
共有
印刷
その他

富山県内の産官学などでつくる富山水素エネルギー促進協議会と伏木海陸運送は17日、北陸3県で初めて導入された燃料電池(FC)フォークリフトと燃料となる水素を供給する簡易水素充填機を公開した。同協議会は「北陸での水素インフラの第1号。この1台が次の1台につながっていくことを期待している」と話している。

公開された燃料電池フォークリフトと簡易水素充填機(17日、富山県高岡市の伏木海陸運送)

FCフォークリフトは、豊田自動織機製で価格は約1500万円。稼働時には二酸化炭素(CO2)を排出しない高い環境性能や約3分で燃料充填ができるという作業効率の良さなどの特長を持つ。伏木海陸運送が所有するが、購入を検討する協議会加盟企業にも試乗用として貸し出し、県内での普及にもつなげる。

簡易水素充填機は、工業ガス商社の鈴木商館(東京・板橋)と、協議会の幹事会社を務める北酸(富山市)が共同開発し、価格は約1000万円。簡単に移動が可能なため、FCフォークリフト導入企業や工場に水素を配送する「共同利用」のモデルとして運用する。

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報