/

この記事は会員限定です

19年度予算、消費税対策で膨張 過去最高の101.4兆円

[有料会員限定]

政府は2019年度予算案について、一般会計の歳出総額を101兆4千億円台後半とする方針を固めた。過去最大だった18年度当初の97.7兆円を4兆円近く上回る。医療や年金などの社会保障費が34兆円程度に達するほか、消費税率引き上げに向けた景気下支え策で予算が膨らむ。税収と税外収入の増加で借金は抑えるが、歳出抑制は不十分との指摘が出そうだ。

歳出の裏付けとなる歳入は、税収が18年度当初比で約3.4兆円...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1165文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン