船舶建造 強靱な現場に センサー、ロボ…無駄省く
中韓勢安値攻勢に対抗

2018/12/18 6:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

名村造船所の伊万里事業所(佐賀県伊万里市)には4つの"目"が天井に設置されている。目とは作業員の動きを録画するカメラだ。機械をいつ使用し、どのルートを通ったのか。専用システムが動画の一挙手一投足をつぶさに分析し、機械の稼働データと照らし合わせながら作業の無駄をはじき出す。「溶接機が足りないとの声があったが、実際は一部に利用が集中していた」(同社)

造船のビジネスモデルは多品種少量の受注生産だ。商…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]