/

クラウド会計のフリー、「AI監査」機能を強化

クラウド会計ソフトのfreee(フリー、東京・品川)は、人工知能(AI)を使った月次監査の機能を強化した。会計士や税理士が顧問先の試算表を検証する監査業務で、間違いの可能性がある勘定科目を機械学習で自動的に検知。企業の経営状況を正確に把握できるようにし、監査業務の負担を軽減する。

月次監査は企業が毎月入力する仕訳データを、領収書などと照合して確認する作業。会計事務所の多くが目視で確認している。フリーの「AI月次監査」機能はこれまで、事前に設定した税務上のルールに基づきエラーを検知していた。

新機能では蓄積したデータを機械学習で分析してアラートを表示する。例えば、水道料金が「雑費」として分類されていた場合、「水道光熱費」として修正を提案。提案した項目が正しい確率も表示するようにした。また会計事務所は顧問先の企業ごとに注意が必要なルールを設定できるようになった。

AI月次監査は会計事務所向けの機能として提供している。今後はチェック体制の強化を図る一般企業向けにもサービスを広げる考えで、企業の経理担当者らの業務効率化を図る。

 企業価値ランキングや、ツリーマップで日本の未上場スタートアップシーンの今がわかります。ビジュアルデータ「次の産業界の主役は?NEXTユニコーン調査」もご覧下さい。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン