「チャギントン」街に出る 岡山電気軌道の観光車両

2018/12/17 17:21
保存
共有
印刷
その他

岡山電気軌道(岡山市)は17日、CGアニメをモチーフとした観光車両「おかでんチャギントン電車」の2019年3月16日からの運行開始を前に、日中での運転士の路上練習を始めた。運転台の高さなどが他の車両と異なるため、技能の習熟を進める。区間や料金などは内装の公開と併せて25日に発表し、26日から予約を受け付ける。

岡山電気軌道の車庫を出る「おかでんチャギントン電車」(17日、岡山市)

岡山駅前電停を出発する「おかでんチャギントン電車」(17日、岡山市)

清輝橋線から岡山駅前方面に向かう「おかでんチャギントン電車」(17日、岡山市)

赤い「ウィルソン」、青と黄色の「ブルースター」の2両1編成は、午前10時30分すぎに同社本社脇の車庫から軌道上に登場。東山線と清輝橋線計4.7キロを往復で1時間半ほどかけて走った。

キャラクターの顔の膨らみなどを再現した愛らしい姿に、幼稚園児から「かわいい」「早く乗りたい」と歓声が上がり、沿道では多くの人がカメラやスマートフォン(スマホ)を構えていた。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]