国会の1強多弱続く 野党共闘乱れ、自民有利に

2018/12/18 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2019年1月召集の通常国会は野党がどう態勢を立て直すかが課題になる。先の臨時国会は与党ペースで、会期延長もなく閉幕した。立憲民主党や国民民主党など野党側は足並みをそろえるのに必死で、自民党が国会運営を有利に進めやすくなっている。

改正出入国管理法の参院審議が大詰めを迎えた7日夜、野党に急きょ内閣不信任決議案提出の動きが出た。「これから野党で幹事長会談、党首会談をやることになる。できるのか」。自…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]