コンテナ船運賃、反動減で下落

2018/12/17 17:00 (2018/12/17 17:01更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

外航コンテナ船の2019年1~3月期のスポット(随時契約)運賃は中国発の貨物量減少に伴って下落する見込みだ。米国は18年9月に発動した対中制裁関税第3弾の税率を19年1月に引き上げる方針を示していた。発動は延期されたが、駆け込み輸送の反動で家具などの荷動きが細るとの見方が多い。

例年、米国の年末商戦向けの出荷は10月上旬の国慶節(建国記念日)の大型連休で一服するが、18年は11月に入っても船のス…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]