2019年7月17日(水)

競馬実況アナ日記

フォローする

実況アナが選んだ18年の中央競馬5大ニュース

(1/2ページ)
2018/12/22 6:30
保存
共有
印刷
その他

2018年もきょうを含めて残すところあと10日。中央競馬の開催も残り3日です。ここで、独断と偏見による「私選・18年中央競馬5大ニュース」をお送りします。

第5位…アーモンドアイ、ジャパンカップを驚異的なレコードで制す

桜花賞、オークス、秋華賞を制して「牝馬三冠」を達成したアーモンドアイのジャパンカップ制覇。2分20秒6のレコードタイムには、あぜんとした人も多いはずです。東京競馬場でのあの走りを素晴らしいと思う一方で、こんなにも速いタイムが出るレースに、今後も外国馬が参戦するのだろうかとも考えてしまいました。

秋華賞を制し、史上5頭目の牝馬三冠を達成したアーモンドアイ=共同

秋華賞を制し、史上5頭目の牝馬三冠を達成したアーモンドアイ=共同

アーモンドアイの次走は19年3月末のドバイ国際競走で、秋は凱旋門賞挑戦ということがいわれています。海外での活躍を期待しつつ、来年は有馬記念に出走してほしいとも思います。有馬記念はプロ野球のオールスターゲームと日本シリーズを足して2で割ったようなレースで、そこにその年、最も活躍した馬が出ないというのでは……。来年は世界を制し、そして日本のレースで走る姿を見せてほしいものです。

第4位…小倉競馬場、21年ぶりに最多入場者記録を更新

8月5日の朝、小倉駅(北九州市)からモノレールに乗ると、普段より若い女性が多く、「どこかで何かあるのか?」と思っていたら、その人たちは競馬場前駅で降りました。その日は人気俳優の竹内涼真さんのトークショーが競馬場で行われることになっていて、彼女らのお目当てはイケメン俳優だったのです。最終的に同日の小倉競馬場の入場者数は前年の倍を超える4万196人となり、21年ぶりに入場者レコードを更新。小倉競馬史上最大級の盛り上がりをみせました。

中央競馬の夏開催で登場するゲストはこれまで、お笑い芸人が多かったように思いますが、18年の夏は「イケメン」でした。6月17日の函館競馬場(北海道函館市)では、ドラマで大人気となった田中圭さんが来場して、昼休みでのトークショーでワーワー、キャーキャーという歓声が飛び交ったものでした。「函館にいる若い女性はみんな来たのでは?」と思ったほどで、イケメン俳優の集客力のすごさに驚きました。19年以降も日本中央競馬会(JRA)はイケメンを呼ぶと思いますね。

第3位…ダートの祭典JBC、JRA競馬場で初開催

地方競馬のビッグイベントであるJBCの3競走が、11月4日に京都競馬場で行われました。創設18回目で初めてJRAの競馬場を舞台に行われた今回のJBCは、一定以上の成果があったと思います。

しかし、この日最も印象に残ったのは、レースではなく、戸崎圭太騎手(38)の表彰式でした。戸崎騎手はこの日の第3レースを勝ち、JRA年間100勝を達成しました。その表彰式に「祝・年間100勝」と書かれたプラカードを持って登場したのは、何と大井競馬のレジェンド・的場文男騎手(62)でした。戸崎騎手は元大井の騎手ですから、8月に地方競馬最多勝記録を更新する7152勝を挙げた大先輩を横にして「こんな光栄なことはありません」と恐縮していました。戸崎騎手に続いてマイクを向けられた的場騎手は、照れくさそうな顔をして後輩をたたえる言葉を口にしていました。その表情が実によかったですね。ファンにとってはうれしいサプライズだったと思います。これは戸崎騎手がこの日に偶然、達成したからですが、JBCがJRAの競馬場で開催されたからこそ実現したシーンともいえます。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

競馬のコラム

電子版トップスポーツトップ

競馬実況アナ日記 一覧

フォローする
5月18日に通算100勝を達成した難波剛健騎手

 現在、障害戦を中心に活躍中の難波剛健騎手(36)が5月18日、新潟1レースのオールマンリバーで中央競馬通算100勝を達成しました。2001年デビューの難波騎手にとっては19年目での達成です。決して早 …続き (7/6)

半世紀を超える数々のレース実況を記録した様々なメディアが収められているロッカー

 私たち日経ラジオ社(ラジオNIKKEI)は、日本短波放送(後にラジオたんぱ)時代の1956(昭和31)年10月以来、60年以上にわたって競馬中継をお届けしてきました。放送を続ける中で、ここまで残して …続き (6/22)

93年の有馬記念で奇跡的な復活を飾ったトウカイテイオー=JRA提供JRA提供

 平成から令和に時代が変わって1カ月。令和最初の日本ダービーは人気薄のロジャーバローズが優勝し、新たな歴史にその名を刻んだ。
 筆者がラジオNIKKEI(旧ラジオたんぱ)に入社したのが昭和最後の1988 …続き (6/8)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。