2019年7月24日(水)

スペシャル

フォローする

ラグビー神鋼、真のプロフェッショナルが導いた栄冠

(1/3ページ)
2018/12/18 6:30
保存
共有
印刷
その他

今季、ボールをスペースに運んで相手を意のままに動かす「アタッキングラグビー」を標榜してきた神戸製鋼が久々に栄冠に浴した。トップリーグ決勝と日本選手権決勝を兼ねて行われた15日のサントリー戦で55-5と圧勝し、トップリーグは創設された2003年度以来15季ぶり、日本選手権は18大会ぶりの優勝。長い低迷に終止符を打つ原動力になったのは、今季国内外から加入した真のプロフェッショナルたちだった。

18大会ぶりに日本選手権を制し、喜ぶ神戸製鋼フィフティーン

18大会ぶりに日本選手権を制し、喜ぶ神戸製鋼フィフティーン

17年、ニュージーランド(NZ)代表コーチのウェイン・スミス氏が退任するとの報に接した神戸製鋼の福本正幸チームディレクターは、すぐに指揮官として迎え入れることを思いついた。スミス氏はスーパーラグビー(SR)のクルセーダーズをヘッドコーチとして率いて1998年から2連覇。NZ代表も指揮し、11年と15年はアシスタントコーチの立場でワールドカップ(W杯)優勝に貢献した。神戸製鋼と提携関係にあるSRのチーフスでコーチ経験があったことも、福本氏が招請に動いた背景にあった。

スミス氏が考えるラグビーのよさ

オファーを受けた当時、スミス氏が抱いていた神戸製鋼の印象は「キックが多く、セットプレーがベースのチーム」で、自身が理想とするラグビーとは趣が違った。スミス氏が考えるラグビーのよさはボールを手で自由に扱えること。「手で持ってプレーする楽しさを忘れてはいけない」。パスをつなぐダイナミックなNZ流の攻撃こそラグビーの醍醐味であり、点を多く取れる最善手というわけで、神戸製鋼が従来のスタイルを変える意志があるかどうかが、オファーに対して「イエスと言うかどうかの大きな要素だった」。

今春、総監督として神戸製鋼に入ったスミス氏はパス主体のラグビーをチームに浸透させるべく、基礎の徹底を重んじた。フランカーの橋本大輝によると、春はひたすらパスの練習をしたそうで「高校のときよりしたのでは」というほど。「細かい指先の動きにまでこだわってやっていた」という。

こだわりはあらゆる方面に及んだ。スミス総監督は日本を離れる時間が少なくなく、不在の間は同じく新任のデーブ・ディロン・ヘッドコーチが指揮を執ったが、「ウェインはNZに帰っているときでも全部の練習をチェックし、細かいフィードバックをしてきた」と橋本大。アタックでカバーすべきポジションに選手がいないと、とりわけ細かい指摘があったという。世界的な名将の精緻な分析ときめ細かい指導に、橋本大は「ウェインが見てくれていることがモチベーションにつながった」と感謝する。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

スペシャル 一覧

フォローする
決勝戦の後半、武井のトライに喜ぶ明大の選手たち。打倒帝京を目標にチームを高め、22年ぶりの日本一を手にした

 ラグビーの全国大学選手権で10年ぶりに新しい王者が誕生した。帝京大の連覇は9でストップ。天理大との決勝を制した明大が22年ぶりに優勝した。時代の節目となった王座交代を、一つの切り口から見てみたい。
…続き (1/17)

 五輪とサッカーワールドカップ(W杯)に次ぐスポーツイベントであるラグビーW杯が9月、初めて日本で開かれる。日本代表は前回大会で南アフリカから「史上最大の番狂わせ」と呼ばれる金星を挙げたが、今回は4年 …続き (1/5)

 ラグビーW杯は4年に1度、20チームが参加して世界一を決める大会。総観客数などから夏季五輪、サッカーW杯に次ぐ「世界で3番目のスポーツ大会」と呼ばれる。
 アジアで初開催となる2019年日本大会は9月 …続き (1/5)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。