2019年1月22日(火)

スプレー缶ガス引火か 札幌爆発、不動産店で100本廃棄

2018/12/17 8:42 (2018/12/17 13:15更新)
保存
共有
印刷
その他

札幌市豊平区で16日夜に起きた爆発事故で、現場の建物に入居する不動産仲介業「アパマンショップ」の店舗の従業員が「消臭剤のスプレー缶100本以上を廃棄するために穴を開け、湯沸かし器をつけたら爆発が起きた」と話していることが17日、捜査関係者への取材で分かった。北海道警は不動産店が発生元で、缶のガスに引火し爆発した可能性があるとみて、詳しい原因を調べる。

けが人は同じテナントの居酒屋の客ら男女42人に上り、道警と市消防局は同日、合同で現場検証を始めた。

爆発のあった建物付近を調べる消防隊員ら(17日午前、札幌市豊平区)=共同

爆発のあった建物付近を調べる消防隊員ら(17日午前、札幌市豊平区)=共同

不動産店に隣接する居酒屋の2階で食事をしていた複数の利用客は、取材に対し「爆発時にガス臭がした」と証言した。札幌市は2017年から、スプレー缶を廃棄する際に穴を開けないよう定めている。15年に市内で穴を開ける作業中、爆発し2人が死亡する事故などがあったためという。

当初「居酒屋で爆発音がした」との内容の通報があったが、道警によると、不動産店は跡形もなく吹き飛んでおり、居酒屋より被害が大きいという。建物には、ほかに整骨院が入居していた。

16日に現場を訪れたガス保安センター職員によると、居酒屋の外に50キロのプロパンガスのボンベ5本、隣接する不動産店の外に20キロのボンベ2本があったが、いずれも大きな破損はなかった。

また市消防局は、10月に実施した立ち入り検査で、倒壊した建物に入居する3つのテナントに、避難器具や漏電火災報知設備が設置されていないなど複数の不備があったと明らかにした。各テナントでは、防火管理者が選任されず、消防計画も未作成だった。2年前に不備を確認したが、今年10月にも改善されていなかった。指導は計6回に上っていた。

爆発は16日午後8時半ごろ、豊平区平岸3条8丁目の木造2階建ての建物付近で発生。5時間以上経過した翌17日午前2時10分に鎮火した。事故で1歳から60代の計42人がけがをし、内訳は男性19人、女性23人。うち不動産店の男性従業員(33)が重傷を負った。

居酒屋の2階は壁が抜けて崩れ落ち、客たちは吹き飛ばされたり、1階に落ちたりしてけがを負った。「落ちてなければ、避難できずにみんな焼け死んだかもしれない」。店の2階で家族らと食事をしていた同市中央区の自営業男性(49)は九死に一生を得た体験を振り返った。

男性が最後の注文を終えた後の午後8時半ごろ。突然の爆発で目の前の壁が抜け、正面の道路が見えた。

「落ち着いてください」。店員の懸命な呼び掛けが聞こえ、ガス臭とともに子供の泣き声や悲鳴が響いた。5分もしないうちに火の手が上がり、店内はパニックになった。「逃げろ、逃げろ」。あっという間に火が回り、熱を感じて死を覚悟したという。2階が崩れ落ちたのは爆発から10分ほど後。男性は背中から落ちて腰を打ったが、一命を取り留めた。〔共同〕

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報