19年度国債発行、「20年」以下を減額へ 財務省

2018/12/17 0:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

財務省は2019年度国債発行計画で、機関投資家に通常の入札で発行する「市中発行額」の総額を18年度計画から4.8兆円減らし、129.4兆円とする方針だ。減額は6年連続。年限別に発行額を決めて入札する枠では、海外投資家のニーズが強い一年債を除き、償還までの年限が20年以下の国債を減らす。全ての年限区分を減額させバランスを取る。

個人向けなどを含めた全体の国債発行額は5年連続で減り、150兆円弱の見…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]