障害年金巡り全国で電話相談 21日に日弁連

2018/12/16 17:39
保存
共有
印刷
その他

全国で約千人の障害者が支給打ち切りを予告されるなどの問題があった国の障害年金について、日弁連が21日、初めて電話相談を実施する。番号は0570・051・221で、午前10時から午後4時まで全国で受け付ける。

通話料はかかるが相談は無料。携帯電話でもかけられる。電話は相談者の地域に応じて各地の弁護士会につながる。ファクス(03・3501・8405)でも受け付ける。

障害年金を巡っては判定のばらつきが以前から問題になっている。審査が書類のみで、日本年金機構の委託を受けた医師が単独で判定していることが主因。機構は改善策として、都道府県ごとに分かれていた審査を2017年、東京に一元化したが、影響で約千人が支給停止を予告された。800人余りは支給継続となったが、ほかにも不合理な打ち切りや減額が指摘されている。〔共同〕

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]