/

この記事は会員限定です

トランプ政権動かす底流 市場を揺さぶる宗教

[有料会員限定]

「中国はキリスト教徒や仏教徒、イスラム教徒を迫害している」──。10月4日、ペンス米副大統領は演説で、中国内で信教の自由が妨げられていると強く批判した。演説の柱は中国による知的財産権の侵害などの経済問題や内政干渉に対する非難で、米中対立が「新冷戦」に入ったことを象徴する。その演説の中に信教の自由という人権問題を盛り込んだ。

米中摩擦にも「福音派」の影

信教の自由に象徴される思想の問題は、経済問題や...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1444文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン