/

トランプ氏「中国経済、貿易戦争で悪化」 効果を誇示

【ワシントン=鳳山太成】トランプ米大統領は14日、中国の経済統計が悪化したことについて「我々の貿易戦争が原因だ」とツイッターに投稿した。中国が自動車への報復関税を停止すると表明したことに触れ「中国は包括的で大きな合意をしたがっている」と主張した。自らが仕掛けた貿易戦争で譲歩を引き出したと誇示した形だ。

トランプ米大統領=ロイター

トランプ氏は「米国は非常にうまくいっている」と述べ、貿易戦争を仕掛けた側の米国経済は対照的に好調だと強調した。中国との合意は「かなり近い!」と楽観視した。

中国政府は14日、米国製自動車への関税で25%の上乗せ分を2019年1月から3カ月停止し、通常の15%にすると発表した。25%の追加関税は米国の制裁関税への報復措置だ。トランプ氏が貿易戦争を仕掛けていなかったら15%のままで、単に元に戻るにすぎない。

トランプ氏は13日の米テレビのインタビューでも「中国経済に問題が起きているとしたら、私(が仕掛けた関税)が原因だ」と語っていた。中国が14日発表した小売売上高の伸びが15年半ぶりの低水準となるなど、消費や生産に減速感が出ている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン