ボルトン氏、軍拡の野心 INF破棄で安保の制約除去
ブッシュ政権で「成功体験」

2018/12/14 22:43
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

トランプ米政権が破棄を表明したロシアとの中距離核戦力(INF)廃棄条約。国際社会からの批判覚悟での決断を後押ししたのは、政権きっての対外強硬派ボルトン大統領補佐官(国家安全保障担当)だった。同氏には米国の安全保障政策の制約を取り払った過去の「成功体験」があり、米国の「力による外交」が加速する可能性がある。

「12月4日までにINF条約を破棄し、できる限り早く地上配備型ミサイルの開発と配備を進める…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]