/

この記事は会員限定です

「女性のため」法廷で闘う先駆者(探検!九州・沖縄)

肖像 弁護士・原田直子氏

[有料会員限定]

今年、世界で一気に機運が高まった「セクシュアルハラスメント」の告発運動。平成も終わりが近づき「セクハラ」という言葉は一般化した。しかしそんな言葉すらなかった平成初期、日本で初めてセクハラの違法性を問う裁判を手掛けたのが、女性協同法律事務所(福岡市)の弁護士、原田直子(65)。平成の意識を変えた「女性の味方」は今も司法の場で闘っている。

「普通、法律事務所におもちゃは置いていないでしょ」。原田がほほ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1436文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン